« シェフのルーツ  タンバルエリーゼ | トップページ | 東京で食事 (その1) »

2011年6月24日 (金)

ワインの話

こんにちは、小出ですleo

今日もアツイっすねーーwobbly

梅雨も終わってないっていうのに照り続く太陽sun

湿度も高いし暑さも増してきて不快指数MAXimpact

ということで、今回はこんな時期にオススメ白ワインの話を。

蒸し暑さを吹き飛ばしてくれるそんなワイン、「サンセール・ブラン」です。

このワインはフランス北部ロワール地方、パリに比較的近く、

古城がありとても景観の良いところで、

「JARDIN  DE  LA  FRANCE フランスの庭園」といわれる美しい地方です。

そこで栽培されるソーヴィニヨン・ブランという葡萄のワインで、

白い花の香りやミントやパセリなどのハーブ香、レモンや苺といったフルーツの香り。

軽快な酸味があり、野菜との相性がよくこの時期のアンジェブリッサのメニューと相性ピッタリ

是非ご注文いただきたいです。

もちろんその他にもいろんな“お薦めスッキリ系”はありますので詳しくはご来店の際に・・・。

_________________________

ランチ/ディナーの詳しいメニューはこちら

__________________________

|

« シェフのルーツ  タンバルエリーゼ | トップページ | 東京で食事 (その1) »

ギャルソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182307/40531044

この記事へのトラックバック一覧です: ワインの話:

« シェフのルーツ  タンバルエリーゼ | トップページ | 東京で食事 (その1) »